前へ
次へ

歯茎の色が気になるときは審美歯科を受診しよう

歯や口元にコンプレックスを持っている人は、審美歯科を行っている医療機関を受診して専門医に相談してみましょう。
審美歯科の治療は口元を美しくする目的で行われるものなので、口元のコンプレックスを解消することができます。
一言で審美歯科といっても、様々な治療があります。
白い歯にするためのホワイトニングをはじめとして、歯の隙間を改善するための治療、セラミック治療、歯ぐきを美しくする治療など幅広く対応していますので、目的に合った治療が受けられます。
たとえば、喫煙などで歯肉の色素沈着が目立つときは、歯科用レーザーを照射することでメラニンを除去し、ピンク色のきれいな歯茎にしてくれます。
歯科用レーザーを使う治療は痛みが少なく、これまでの治療法に比べると施術回数が少なくて済むなど、様々なメリットがあると言われています。
施術中の不快感も少ないので、歯茎の色が気になって笑顔に自信が持てないときは、審美歯科を行っている医療機関を受診してカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

Page Top